道の駅四万十とおわオンラインショップ:四万十とおわ村

四万十川の旬の幸を買うならこちら!『しまんと地栗モンブラン』『地栗のロールケーキ』から『しまんと茶』や『ジンジャーシロップ』まで。

じねん鰻蒲焼き3本セット

養殖うなぎの蒲焼き まずはお試し1人前

川の幸をあつかう四万十の老舗、「四万十屋」の味を全国へ。
高知県土佐市の山本養鰻場で育てた養殖の「じねん鰻」を
四万十屋の技術で一本一本丁寧に手焼きしています。
四万十川の川漁師が認める、天然にも引けをとらない
その味をどうぞご家庭でお楽しみください。

すぐに注文

四万十川のほとりに店をかまえる「四万十屋」

川漁師の店「四万十屋」

四万十屋はもともと川漁師の店としてはじまりました。
昭和42年の開業以来、「日本最後の清流、四万十川の食文化をお届けしたい」と、
天然うなぎや川エビといった四万十川の恵みを発信し続けています。
現在は直販所やお食事処として、四万十までお越しいただいた皆様に
四万十川の幸をご提供しています。

一匹一匹手焼きにこだわる職人の心意気

じねん鰻の蒲焼き

じねん鰻の蒲焼きは、一匹一匹すべて職人が手焼きしたもの。
タレももちろん四万十流。伝承の甘辛タレに何度もひたし、
繰り返し焼き上げた蒲焼きはふっくらと香ばしく仕上がっています。

「本当においしいものだけを届けたい」という
四万十屋の信念と技術が詰まった商品です。

天然うなぎにも引けを取らない「じねん鰻」

山本養鰻場の鰻

高知県土佐市に位置する養鰻場、「山本養鰻・養殖園」で育てられるうなぎを使用しています。
四万十屋には、全国のお客様から四万十の天然うなぎを取り寄せたいとの
お問い合わせがあります。しかし、なかなか安定してお届けできないことから、
お断りしていた実情がありました。
そのような状況のなかで、何とかして四万十屋の味をお届けする方法はないかと
模索していた時、巡り合えたのが山本養鰻場のうなぎでした。
天然うなぎに近い環境で育てているため、「じねん(地然)鰻」と呼ばれます。

「これなら皆様にご納得いただける味をお届けできる」
四万十川の川漁師も認める、確かな品質です。

良質なうなぎは土作りから

山本養鰻場の土作りの風景

山本養鰻場の特徴は、高知県で唯一の土を張った池でうなぎを育てること。
丁寧に耕し、日光を十分にあて、土の栄養分を確保してから水を張ることで、
独自に改良した赤土の中では光合成によって有用微生物が活性化します。
それにより、薬品などを一切使用せずうなぎを飼育する事ができ、
うなぎの稚魚を入れる前には環境がしっかりと整った状態になります。

この水の濁りが養鰻の肝

養鰻場の池の水

二つ目の特徴は、飼育期間中に太陽光をしっかりと浴びせる点にあります。
通常、一般的な養鰻場では藻の発生を防ぐために暗幕の中でうなぎを育てます。
しかし、山本養鰻場では太陽光であえて藻を繁殖させ、“生きた水”の中でじねん鰻を育てます。
薬品も使用せず自然に近い環境の中でのびのびと育ったじねん鰻は、
天然にも似た特有の風味を醸します。

1年半の年月がおいしいうなぎを育てる

シラスウナギ

山本養鰻場では、高知県で獲れたシラスウナギのみを飼育します。
稚魚から育て始め、出荷までおよそ1年〜1年半の歳月をかけますが、
これは一般的な養鰻業者の平均的な飼育期間の約2倍の期間に相当します。
それは、一度に与えるエサをできる限り少なくしているためです。

一度にエサを与えれば、それだけ早く育てることもできます。
しかし、それではうなぎに過食によるストレスがかかってしまいます。

1年半後のじねん鰻

じっくりと時間をかけて太らせるじねん鰻はしっかりと身がしまり、
かけた手間暇のぶんだけ大きく、おいしく育ちます。

まずはお試し1人前から

鰻蒲焼

1人前(45g×2袋)。2回に分けて食べることもできる2袋でのご提供。
送料込みの価格となります。

じねん鰻 蒲焼き2枚セット(1人前)

じねん鰻 蒲焼き2枚セット(1人前)

NEW!!

商品番号 p_set_unakaba2set

価格3,500円(税込)

[35ポイント進呈 ]

[ 送料込 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く
うなぎ蒲焼き

内容量:うなぎ蒲焼き(高知県産)45g×2袋、タレ×2個

賞味期限:3ヶ月

保存方法:要冷凍(-18℃以下)

製造元:株式会社 四万十屋