オンラインショップ四万十とおわ村

四万十川の旬の幸を買うならこちら!『しまんと地栗モンブラン』『地栗のロールケーキ』から『しまんと茶』や『ジンジャーシロップ』まで。

テキスト

夏にもオススメ!桐島畑のジンジャーシロップ

無農薬・無化学肥料で育てられる生姜をつかった
桐島畑のジンジャーシロップ。
冬に大活躍するアイテムも、実は夏の楽しみ方がたくさん!
今やらなきゃもったいない、夏流のアレンジをぜひどうぞ。

すぐに注文

生姜を煮て粗糖を加えただけのジンジャーシロップ

生姜を煮て粗糖を加えただけのジンジャーシロップ

生姜の生産量日本一を誇る四万十町からお届けする生姜のシロップです。
生姜を煮て、そこに粗糖を加えただけのシンプルな味付け。
生姜の風味や辛味がしっかりと感じられます。

パンチがあってスッキリとした辛さの桐島畑の生姜

パンチがあっても後にひかないすっきりとした辛さ

使用している桐島畑の生姜は、パンチのあるピリッとした辛さに定評があります。
そして、後にはひかない「すっきりとした辛さ」も桐島生姜の特徴です。
そんな生姜本来の味がしっかりと楽しめるシロップですので、
「本物の生姜をつかったジンジャーシロップ」をお探しの方におすすめです。

夏にも大活躍!こんな楽しみ方はいかがですか?

ジンジャーシロップの夏の楽しみ方

冬の定番ジンジャーシロップは、夏にも使い方がいろいろあります。

炭酸水で割ってジンジャーエールにしたり、かき氷やアイスクリームにかけて
ピリッと刺激的な味わいしてみたりと、これらの楽しみ方を
1番おいしく味わえるのは今の季節です。カラダの内側から
しっとりと汗をかきながらぜひ夏ジンジャーをお楽しみください!

土から生まれてきたような自然体の桐島正一さん

土から生まれてきたような自然体の桐島正一さん

生姜の生産者である桐島正一さんは非常に温厚なお方です。
年間60〜70品目を作られ、四万十町十和では有数の規模で野菜づくりをされています。
農薬も化学肥料も使わずに、野菜本来の味を引き出す栽培方法を自ら確立。
今では専門誌の「現代農業」に作り方のノウハウが掲載されるほどになりました。

使用している生姜ももちろん無農薬・無化学肥料

農薬も化学肥料も使わずに野菜をつくる桐島畑

今回ジンジャーシロップに使用している生姜も農薬や化学肥料は
使用していません。そこには桐島さんのこだわりが詰まっています。
桐島さんに生姜の味についてお伺いすると、
「うちの生姜は辛いよ〜」とニコニコしながら一言おっしゃいました。

生姜を保存する壺(つぼ)

生姜を保存する壺

生姜はスーパーでは冷蔵で販売されていますが、基本的には常温保存の方が適しています。
生姜の原産地は熱帯地域であり、本来は寒さに弱くて多湿を好みます。
十和地域では山に穴を掘っていき、洞窟のような場所に生姜を保存していきます。
これを壺(つぼ)と呼び、年間を通して室温が13〜15度、湿度90〜100%に保っています。
この『自然の温湿管理装置』をつかって、一年分の生姜を適切に保存しています。


桐島畑のジンジャーシロップ(小)

桐島畑のジンジャーシロップ(小)

商品番号 p_kir_gsyrup_small

価格840円(税込)

[8ポイント進呈 ]

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

この商品は入荷待ちとなっております。
入荷次第メールにてお知らせいたしますのでこちらより
お申込みください。
 ↓  ↓  ↓

入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

名称 ジンジャーシロップ(清涼飲料水)
原材料名 生姜、粗糖
内容量 200ml
消費期限 製造から6ヶ月
保存方法 開栓前は直射日光をさけ、常温にて保存し、開栓後は冷蔵庫に保管の上、お早めにお召し上がり下さい。
製造者 桐島 美郷
備考 まれに黒い粒が沈んでいることがありますが、粗糖に含まれるもので品質に問題はありません。