道の駅四万十とおわオンラインショップ:四万十とおわ村

四万十川の旬の幸を買うならこちら!『しまんと地栗モンブラン』『地栗のロールケーキ』から『しまんと茶』や『ジンジャーシロップ』まで。

しまんと焙茶 (500ml)

すっきりだからゴクゴク飲める、焙茶ペットボトル

四万十産の茶葉は手摘み、手刈りで収獲されます。
焙茶らしい香ばしい香りとすっきりとした飲みごたえで、
就寝前や運動後などに飲まれています。焙茶は
子供からお年寄りまで幅広い層に好まれている
人気のペットボトル飲料です。

すぐに注文

いい茶葉をつかう。だから、おいしい

一番茶を使ったほうじ茶ペットボトル

しまんとほうじ茶ペットボトルにつかわれる茶葉はすべて一番茶。
お茶が最もおいしい4月〜5月にかけて摘み取られた、いわゆる「新茶」です。
新茶は、その後に続く二番茶、三番茶にくらべ格段に旨み成分が多く、
それだけ価値の高いお茶になります。

すっきりとした飲みやすいほうじ茶

ほうじ茶は焙煎した独特の香ばしさがあり、四万十のお茶の中でも
すっきりとしていて飲みやすいのが特長のひとつです。
子どもからご年配の方まで幅広い層に好まれているのがしまんとほうじ茶です。

おいしさの秘訣は「手摘み、手刈り」

手摘み、手刈りで収獲されたしまんと茶

四万十茶のおいしさの秘訣は、手摘み、手刈りで収獲されていること。
そうすることで、美味しい部分だけを選別して摘み取ることができます。
新芽の先端にある「芯」から数えて3枚目までのやわらかい茶葉を
「一芯三葉(いっしんさんよう)」といいます。
四万十では一芯三葉で摘み取ることを基本にしているため、
古い葉が混じらずやわらかい茶葉だけをそろえることができます。

地元生産者のみなさま

四万十の茶畑は傾斜地にあり、大型機械が入れません。
新茶の季節になると地元生産者のみなさまが総出で
色々な茶畑を回りながらお茶摘みに精を出します。
手間ひまはかかりますが、人の目が入ることで、
しまんとのお茶の繊細な味につながっています。

四万十は実は茶どころ、お茶づくりに恵まれた土地

四万十町は霧の町

いいお茶どころの条件はいくつかあります。そのひとつが「霧(きり)」です。
お茶は、霜(しも)を嫌います。春先、霜により葉が凍ってしまうと、
最もおいしい新芽が枯れ、お茶の品質が極端に落ちてしまいます。
四万十の茶園は適度に寒暖差があり、霧が発生しやすい場所にあることで、
霜による被害が少なく、良質なお茶を収穫することができます。

斜面に広がる茶畑

そしてもうひとつ、「水はけ」も良いお茶を育てるうえで大切です。
お茶の木は水はけが悪くジメジメした土地ではうまく育ちません。
四万十川を囲うように傾斜のある山が広がります。
そのため水はけもよく、お茶に負担をかけずに育てることができます。

四万十の味をご家庭で、手軽にどうぞ

四万十の味をご家庭でも

四万十で丁寧に手摘みされた新茶を使ったペットボトル飲料です。
持ち運びにも便利でお出かけのときにカバンに1本。
どこでも四万十の味をお楽しみいただけます。
お花見の季節、おでかけのお供にしまんとほうじ茶はいかがですか?


しまんとほうじ茶(500ml×24本)

しまんとほうじ茶(500ml×24本)

商品番号 p_grn_houjicha500ml_24set

価格3,500円(税込)

[35ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く
名称 ほうじ茶(清涼飲料水)
原材料 煎茶、粉茶、ビタミンC
内容量 500ml×24本
賞味期限 製造から10ヶ月
製造者 合同会社 広井茶生産組合