オンラインショップ四万十とおわ村

四万十川の旬の幸を買うならこちら!『しまんと地栗モンブラン』『地栗のロールケーキ』から『しまんと茶』や『ジンジャーシロップ』まで。

【新酒】 純米吟醸 とおわにしき 生酒

とおわにしきの新酒ができました

かおり米十和錦をつかった「純米吟醸とおわにしき」の
新酒ができました。純米吟醸酒のフルーティーで
なめらかな飲みくちと、十和錦の芳ばしい香りが楽しめる
かおり米らしいお酒に仕上がりました。

すぐに注文

かおり米の風味を堪能できる純米吟醸「とおわにしき」

純米吟醸「とおわにしき」生酒

原料は四万十町十和でつくられる
かおり米「十和錦(とおわにしき)」。
その十和錦の特長である香りをお酒でも楽しめるようにと
作られたのが純米吟醸「とおわにしき」です。

とおわにしきは、口に含むとまっさきにお米の甘さを感じます。
そして徐々に甘さが引いていき、最後にはお米の香りが残ります。
いつまでも余韻に浸れる、かおり米の良さを存分に楽しめるお酒となっています。

杜氏が語る、純米吟醸「とおわにしき」の魅力

西岡酒造杜氏、河野幸良

西岡酒造で40年ものあいだ酒造りに関わってきた杜氏の河野幸良さん。
「純米吟醸とおわにしきは『口の中に残る香り』がつよい。
他のお酒でここまで香りを残すものはそうそうないでしょうね。
かおり米の特長がよく出ていますよ。」

とおわにしきについて、河野さんはこうおっしゃいます。

高知県に残る最古の酒造「西岡酒造」に依頼

中土佐町久礼「西岡酒造」

蔵元は江戸時代中期天明元年(1781年)創業「西岡酒造」。

高知県最古の単独酒造

単独酒蔵では高知で一番古い230年の歴史を持ち、
平成17年度全国新酒鑑評会で金賞を受賞した蔵元です。

杜氏も唸った、かおり米「十和錦」の香り

十和錦の削り作業

日本酒づくりで欠かせない「削り」の作業。
この作業により、雑味のないキレイなお酒になります。

純米吟醸とおわにしきの仕込みは3回にわたって行われます。
河野さんも「削ってこれだけ香りがあるお米はない!」というほど、
その香りに驚かれていました。

試行錯誤で生まれたとおわにしき

本来、かおり米十和錦は食用のお米。酒米とは異なるため、
上質なお酒をつくることはなかなか難しいといわれます。
純米吟醸とおわにしきは河野さんの豊富なお酒の知識と経験を元に、
試行錯誤の末に生まれたお酒です。

十和発祥、約60年前に発見された「十和錦(とおわにしき)」

十和錦の稲刈り風景

1957年、今から約60年前に十和錦は生まれました。
食べてみたところ香りがよく、「なんとえぃ香りやね」と評判になり、
その種をとって広く栽培するようになったのが、このお米の始まりです。

十和錦の発見者にお酒の完成をご報告

十和錦の稲刈り風景

十和錦を発見された上山ちどりさん。
お酒ができたことをご報告にいくと、「まあ〜!」と一言。
「十和錦がもとで、みんなに喜んでもらえるもんができるのはうれしいことよね」
と喜んでくださいました。

※生酒でのお届けとなります。ご到着後は冷蔵にて保管ください。


【新酒】 純米吟醸 とおわにしき 生酒

【新酒】純米吟醸 とおわにしき 生酒

商品番号 p_alc_towanishiki_namazake

価格2,200円(税込)

[22ポイント進呈 ]

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

クール便でお届けします

この商品は入荷待ちとなっております。
入荷次第メールにてお知らせいたしますのでこちらより
お申込みください。
 ↓  ↓  ↓

入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く
種類 清酒 純米吟醸 無濾過
内容量 720ml
アルコール分 17度
保存方法 要冷蔵
製造元 有限会社西岡酒造店
備考 未成年の飲酒は法律で禁止されています。