オンラインショップ四万十とおわ村

四万十川の旬の幸を買うならこちら!『しまんと地栗モンブラン』『地栗のロールケーキ』から『しまんと茶』や『ジンジャーシロップ』まで。

新栗予約中

『川』のほん

幻の『水』の本から20年。32人の『川』の本ができました。

「高知県が誇る最後の清流「四万十川」。
私たちは、四万十川と一緒に暮らしています。
水や川を中心とした自然も、そして私たちの
暮らしも時代と共に変化してきました。

大事なものがわからなくなっている時代に、もう一度、
私たちは「川」について考えて、足元を確認してみたい。
そんな思いを綴っている本です。

すぐに注文

出版は、NPO法人RIVER

NPO法人RIVERは、約20年にわたって高知県の四万十川から、
「ナニガユタカナコトナノカ」を考える活動を行っています。

四万十川中流域

四万十川中流域という中山間の日本の端っこから、生き方や暮らし方を考えようと、
今や日本だけでなく世界中に広がりつつある「しまんと新聞ばっぐ」をはじめ、いろいろな取り組みを続けています。

「水」の本

NPO法人RIVERの最初の取り組みが『水』の本を作ることでした。
「時代の本質は知らなければ、地域は生きていけないのではないか」
という思いから、 川と共に生きる私たちの本質を「水」に託して、
各界の様々な方に文章を寄せていただきできたエッセイ集です。

あれから20数年。私たちはもう一度、時代の本質をつかまなければいけない時期に来ています。

各界の32人が「川」をテーマに考えたエッセイ集

「川」の本

「川」をテーマにした文章が集まったエッセイ集です。
幼い頃の思い出から、日本を語る言葉までいろいろなものを寄せていただきました。

この人の「川」を読んでみたい。そんなふうに思い、RIVER編集部で
お願いしたい方々のリストを作成し、お一人お一人に手紙を出しました。
私たちの活動に共感いただけるのであれば、原稿を寄せていただけませんかと。
その結果集まったのが、こちらの32人の方々の原稿です。一目瞭然で、それぞれの川が集まった本になっています。

「川」の本執筆者

執筆者(掲載順):南伸坊(イラストレーター)/俵万智(歌人)/佐藤卓(アートディレクター)/白坂亜紀(クラブ稲葉 ママ)/東谷望史(高知県馬路村農業協同組合代表理事組合長)/安藤桃子(映画監督)/三浦しをん(作家)/養老孟司(医学博士)/平松洋子(エッセイスト)/松平定知(フリーアナウンサー)/加藤芳夫(パッケージデザイナー)/高橋宣之(写真家)/黒瀬陽平(美術批評家)/森木房恵(ユナイテッド航空客室乗務員)/篠原匡(記者・編集者)/池田司(ニワトリノニワ代表)/黒田征太郎(画家)/川村一成(百姓)/片山健也(北海道ニセコ町長)/浜田奈美(朝日新聞記者)/鈴木輝隆(立正大学経済学部特任教授)/山下慎吾(生態学者)/今村直樹(CMディレクター)/高橋勇夫(農学博士)/中嶋健造(NPO法人自伐型林業推進協議会代表理事)/常徳拓(美術商)/橋本光治(自伐林家)
デハラユキノリ(フィギュアイラストレーター)/松井龍哉(ロボットデザイナー)/山本一力(作家)
大橋歩(イラストレーター)/原研哉(グラフィックデザイナー)(敬称略)

【RIVERの想い】四万十川といっしょに暮らし続けるために・・

ナニガユタカナコトナノカ

この20数年でさえ、四万十川を取り巻く環境は変化し、
自然も昔とは変わってきました。同じく、私たちの暮らしも
どんどん変化しています。そしてこれは日本中、
世界中に広げても同じではないでしょうか。

四万十川の環境

ここで暮らし続けるために、「ナニガユタカナコトナノカ」を
考え続けるために、私たちはもう一度、外の目線から「川」について
考えてみようと思いました。川のほとりに暮らす私たちですが、
毎日接しているからこそ、気付かないこともたくさんあります。

その事実に気付かせてくれたのが、『水』の本であり、
それをきっかけに始まったRIVERの活動です。

この変化の時代に、もう一度、いろいろな人たちからヒントをいただいて、
これからを考えるための一冊にしたいと願っています。

水が集まって、つながって、様々な変化があって、川になりました。

最後の清流四万十川

「最後の清流」といわれる四万十川ですが、年月を重ねるごとに、
川としての豊かさが少しずつ失われていることは事実です。
川と一緒に住み、暮らす私たちだからこそ、川と一緒にできること、
考えることを通じて、地域から考える「ユタカ」を探っています。

今回製作した『川』の本も、いまここ2019年での私たちの活動の集大成です。
ぜひ手にとって頂いて、一緒に考えてみませんか。

そしていつか四万十川に遊びにきてみてください。

『川』と『水』の本2冊セットもございます

川と水の本

各界の18人が「水」をテーマに考えた20年前の幻のエッセイ集とのセットもございます。



川のほん

『川』の本

おすすめ

商品番号 p_bok_kawanohon

価格2,200円(税込)

[22ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く